オススメ 健康 環境

【口コミ】ヴィーガン惣菜『ブイクックデリ』の実食レビュー|結論、激うまでした

2021年2月1日

【口コミ】『ブイクックデリ』を食べてみたのでレビューします|結論、激うまでした
悩む人
『ブイクックデリ』って美味しいの?
どんな良い点・悪い点があるの?

こんな疑問を解決します。

本記事の内容

  • ブイクックデリの概要
  • ブイクックデリ11メニューの実食レビュー
  • ブイクックデリの口コミ・評判
  • ブイクックデリの残念なポイント
  • ブイクックデリの素晴らしい10のポイント
  • ブイクックデリのおすすめの活用法

日本初のヴィーガン惣菜のサブスクとして2020年末、クラウドファンディングによって始動した『ブイクックデリ』。

 

その『ブイクックデリ』が、ついに2021年2月に正式にサービスを開始しました。

 

ネットでも割と話題になったので、「名前は聞いて気になっているけど、おいしいのかな?」という疑問をお持ちの方もいるかと思います。

 

ということで今回は、クヴィーガン惣菜のサブスク『ブイクックデリ』を実際に食べた感想をお伝えし、それを通して感じたメリットとデメリットについても解説していきます。

 

ブイクックデリを購入するか迷われている方の参考にしていただければと思います。

公式サイト ブイクックデリの公式サイト

 

もりま
当ブログ限定の初回5%OFFクーポンも掲載しているので、ぜひご活用ください!

タップできる目次

『ブイクックデリ』とは

『ブイクックデリ』とは

出典:ブイクックデリのクラファンページ

『ブイクックデリ』とは、「手軽さ」「美味しさ」「栄養バランス」を兼ね備えたヴィーガン惣菜の宅配サービスです。

 

『ブイクックデリ』が立ち上げられた理由としては、日本ではまだ選択肢の少ないヴィーガン料理をもっと気軽に取り入れられるようにしたいとの思いがあったようです。

 

「そもそもヴィーガンとはなんぞや?」という方は以下の記事で解説していますので、よろしければご参考ください。

関連記事 あなたもヴィーガンかも?ヴィーガンの定義と背景を解説

 

『ブイクックデリ』の特徴3つ

  1. 気軽にヴィーガン料理を選べる
  2. 十分なタンパク質と野菜が摂れる
  3. 環境に配慮した3つの柱

 

それぞれ解説していきます。

 

ブイクックデリの特徴①:気軽にヴィーガン料理を選べる

『ブイクックデリ』の1番の特徴は、気軽にヴィーガン料理が選べるようになったということ。

 

日本では年々ヴィーガンやベジタリアンのライフスタイルを取り入れてる人が増えてきていますが、レストランやコンビニなどでの食の選択肢の部分ではまだまだ制限があります。

 

その点、『ブイクックデリ』は100%ヴィーガンに対応しているので、ヴィーガンの方でも安心してしっかりとした食事ができるようになっています。

 

ブイクックデリの特徴②:十分なタンパク質と野菜が摂れる

『ブイクックデリ』は、栄養バランスもしっかりと考えられているのも特徴です。

 

ヴィーガンだとタンパク質やカロリー不足に陥らないか心配する方もいますが、『ブイクックデリ』ではしっかりとたんぱく質もカロリーも摂取できます。

 

また、野菜も1日に必要な量の1/3が摂れるようになっていて、野菜不足の現代人にはありがたいです。

 

ブイクックデリの特徴③:環境に配慮した3つの柱

『ブイクックデリ』では、環境への配慮のための3つの柱があります。

  1. ヴィーガンである
  2. 受注生産である
  3. 紙の容器を使用する

 

ヴィーガンである 

『ブイクックデリ』は、100%ヴィーガンであるため動物性の食材を一切使用していません

したがって、地球の温暖化や森林伐採、水資源の枯渇など様々な環境問題への解決につながります。

 

関連記事 まだ知らない?お肉好きに知っておいて欲しいこと2つ

関連記事 ハンバーガー1個作るのに◯日分の水が必要?

 

受注生産である 

『ブイクックデリ』は注文が入ってから生産する受注生産の形をとっているため、食品ロスの削減につながります。

 

日本では年間で600万トン以上もの食品ロスが出ているとされ、一人当たりお茶碗一杯分の食べ物(約132g)が食べられる状態で捨てられています。消費者庁

 

これはもったいないということに加え、廃棄処理の過程で大量に温室効果ガスが出るため、環境に大きな負担を与えています。参照

したがって『ブイクックデリ』ではこの問題への取り組みとして受注生産を取り入れており、食品ロスの削減に努めているようです。

 

紙の容器を使用 

『ブイクックデリ』では、プラスチックではなく紙の容器が使用されています。

 

プラスチックの問題は様々ありますが、中でも海洋プラスチックの問題が非常に深刻です。

一説では、2050年には魚よりも海洋プラスチックゴミの方が多くなるとも予測されています。

 

この問題への取り組みとして、『ブイクックデリ』では紙容器が使用してプラスチックゴミを減らし、環境保護に貢献しています。

 

もりま
以上、環境に配慮した3つの柱によって、『ブイクックデリ』は環境への負担を減らすことに努めているようです。

 

『ブイクックデリ』はこんな人におすすめ

『ブイクックデリ』はこんな人におすすめ

『ブイクックデリ』を実際に食べた上で私は、こんな人に『ブイクックデリ』をおすすめします。

こんな方におすすめ

  • 最近、ヴィーガンや菜食に興味が出てきた
  • ヴィーガンを始めたけど何を食べて良いかわからない
  • ヴィーガン料理を試してみたい
  • 毎日の料理がめんどくさい
  • ラクして健康的な食事がしたい

こういった悩みや興味をお持ちの方は、ぜひ『ブイクックデリ』を試してみてください!

 

もりま
詳しいレビューは後ほどしますが、美味しさは私が保証します!

 

ブイクックデリをお得に試すには?

ブイクックデリをお得に試すには、当ブログ限定のクーポンをお使いください!

 

以下のクーポンを購入時に入力することで5%OFFになります。

morima555

 

少しでも安く試したいという方はぜひご活用ください!

 

では、私が実際にブイクックデリを食べてみた感想をお伝えしていきます。

 

【実食レビュー】『ブイクックデリ』を実際に食べてみた

実食!『ブイクックデリ』を実際に食べてみた

私がこれまで『ブイクックデリ』で食べたメニューは以下の11種類です。

  1. 大豆ハンバーグ
  2. スパニッシュオムレツ
  3. 黒酢豚
  4. ロールキャベツ
  5. 生姜焼き
  6. 照り焼きハンバーグ
  7. 肉団子と野菜の甘酢あん
  8. KARAAGE2.0(ゆず風味)




  9. 大豆ミートのしぐれ煮
  10. ミートローフ
  11. エビと野菜のチリソース

 

もりま
『ブイクックデリ』では現在全部で12種類のメニューがあ利、食べれていないものはあと「高野豆腐の麻婆豆腐」だけとなります。

 

では、それぞれ見ていきましょう。

 

メニュー①:大豆ハンバーグ

ブイクックのハンバーグ

まずは「大豆ハンバーグ」。

以前、無印良品の大豆ハンバーグを食べた時は味や原料の面で少しがっかりしたので、正直半信半疑でした。

 

しかしそれは要らぬ心配で、『ブイクックデリ』の大豆ハンバーグは普通に美味しかったです。

しかも、ハンバーグ自体も出来合いのものではなく、しっかりと大豆やひよこ豆などから手作りされているというのは驚き。

 

もりま
そりゃ美味しいわけですな。

 

ちなみに、中身はこんな感じでした。

ブイクックデリのハンバーグの中身

 

「大豆ハンバーグ」の栄養素 

「大豆ハンバーグ」の栄養素は以下の通りです。

大豆ハンバーグの栄養素はこちら

大豆ハンバーグ(215g)
カロリー355kcal
たんぱく質16.4g
脂質13.6g
炭水化物44g
- 糖質36.1g
- 食物繊維8.1g
食塩相当量2.8g

 

「大豆ハンバーグ」の原材料 

「大豆ハンバーグ」のメニューの原材料は以下の通りです。

大豆ハンバーグの原材料はこちら

【大豆ハンバーグ】 大豆、 ひよこ豆、玉葱、大豆油、タイム、マジョラム、 オレガノ、トマト、 醤油、 砂糖、じゃがいも澱粉、塩、胡椒

【小松菜と油揚げの煮びたし】 小松菜、 油揚げ、人参、 醤油、 砂糖、 胡麻

【金平ごぼう】ごぼう、人参、 砂糖、 醤油、 大豆油、 胡麻、 唐辛子

 

メニュー②:スパニッシュオムレツ

スパニッシュオムレツ

続いては、「スパニッシュオムレツ」。

 

これも普通に美味しかったです。

スパニッシュオムレツはあまり食べたことないので基準が分かりませんが、ブイクックデリのモノはタイムの香り(?)がすごく印象的でした。

 

「スパニッシュオムレツ」の栄養素 

「スパニッシュオムレツ」の栄養素は以下の通りです。

スパニッシュオムレツの栄養素はこちら

スパニッシュオムレツ(215g)
カロリー361kcal
たんぱく質11.8g
脂質16.9g
炭水化物43.3g
- 糖質35.9g
- 食物繊維7.4g
食塩相当量3.2g

 

「スパニッシュオムレツ」の原材料 

「スパニッシュオムレツ」のメニューの原材料は以下の通りです。

スパニッシュオムレツの原材料はこちら

【スパニッシュオムレツ】 大豆、ひよこ豆、枝豆、しめじ、人参、トマト、ニンニク、 タイム、醤油、砂糖、胡椒

【蓮根とキノコのレモンソテー】 連根、しめじ、えのき、いんげん、レモン、オリーブオイル、塩、クミン、胡椒

【人参とブロッコリーの味噌妙め】人参、ブロッコリー、味噌、昆布、醤油、唐辛子、 砂糖、 オリーブオイル

 

メニュー③:黒酢豚

黒酢豚

お次は「黒酢豚」。

これは、もう

 

最高。

 

の一言です。

うますぎますし、豚肉で作った酢豚となんら違いはありませんでした。

 

正直、大豆ミートで作られた酢豚と言わない限り気づかないのではと思います。

もりま
私の中では、ブイクックデリのメニューの中でダントツ1位です!

 

アップで見るとこんな感じです。

ブイクックデリの黒酢豚のアップ

もりま
この記事を書きながら味を思い出して、よだれが出ています。笑

 

「黒酢豚」の栄養素 

「黒酢豚」の栄養素は以下の通りです。

黒酢豚の栄養素はこちら

黒酢豚(210g)
カロリー309kcal
たんぱく質12.1g
脂質10.9g
炭水化物38.7g
- 糖質29.8g
- 食物繊維8.9g
食塩相当量2.63g

 

「黒酢豚」の原材料 

「黒酢豚」のメニューの原材料は以下の通りです。

黒酢豚の原材料はこちら

【黒酢豚】大豆、玉ねぎ、 人参、ピーマン、 赤パプリカ、 黄パプリカ、大豆油、 砂糖、 醤油、 黒酢、胡麻油、生姜

【お豆の温サラダ】 レッドキドニー、ひよこ豆、インゲン、玉ねぎ、 オリーブオイル、ニンニク、醤油、ディル、塩、胡板

【切千大根ときのこ煮】切千大根、人参、 椎茸、しめじ、生姜、昆布、 醤油、砂糖

 

メニュー④:ロールキャベツ

ブイクックデリのロールキャベツ

続いては「ロールキャベツ」。

これもめちゃ美味しかったです。

 

美味しいしか言ってないな。
悩む人
もりま
はい!だって美味しいので!!

 

中身はこんな感じで、しっかりと詰まっていました。

ブイクックデリのロールキャベツの中身

 

「ロールキャベツ」の栄養素 

「ロールキャベツ」の栄養素は以下の通りです。

ロールキャベツの栄養素はこちら

ロールキャベツ(215g)
カロリー145kcal
たんぱく質13g
脂質6.4g
炭水化物15.8g
- 糖質10.4g
- 食物繊維4.4g
食塩相当量2.43g

 

「ロールキャベツ」の原材料 

「ロールキャベツ」のメニューの原材料は以下の通りです。

ロールキャベツの原材料はこちら

【ロールキャベツ】オムニミート (大豆たんぱく、 えんどう豆たんぱく、 米たんぱく、 椎茸、 酵母エキス、マルトデキストリン、じゃがいも澱粉、砂糖、食塩、麦芽抽出液、ブドウ糖/増粘剤(メチルセルロース)、香料、着色料(ビーツルート))、キャベツ、 玉ねぎ、 椎茸、 昆布、タイム、 ローリエ、 ニンニク、 塩、 胡椒

【ラタトゥイユ】ナス、ズッキーニ、玉葱、赤パプリカ、黄パプリカ、トマト、ニンニク、オレガノ、マジョラム、タイム、醤油、塩、胡椒

【ブロッコリーとカリフラワーのソテー】 ブロッコリー、 カリフラワー、 大豆油、 ニンニク、 クミン、 塩、 胡根

 

ここの「ロールキャベツ」にだけ唯一添加物が入っていますが、これはオムニミートを使っているため

オムニミートに使われている添加物が記載されているだけで、ブイクックデリが追加したわけではありません。

 

メニュー⑤:生姜焼き

ブイクックデリの生姜焼き

最後は「生姜焼き」。

 

感想としては。。。

もう分かりますよね?

 

はい。めちゃくちゃ美味しかったです。

 

もりま
これに関しては、ヴィーガン料理を食べたことない友人に食べてもらいましたが、彼も「美味しい!」と言っていました。

 

あと、副菜として付いていた「サツマイモとインゲンのピリ辛炒め」も美味しかったです。

ブイクックデリの生姜焼きの副菜

 

もりま
これをメインにして欲しいくらいです。。。笑

 

「生姜焼き」の栄養素 

「生姜焼き」の栄養素は以下の通りです。

生姜焼きの栄養素はこちら

生姜焼き(210g)
カロリー355kcal
たんぱく質13.2g
脂質13.5g
炭水化物44.9g
- 糖質37.8g
- 食物繊維7g
食塩相当量2.62g

 

「生姜焼き」の原材料 

「生姜焼き」のメニューの原材料は以下の通りです。

生姜焼きの原材料はこちら

【大豆ミートの生姜焼き】 玉葱、 大豆、 赤パプリカ、 黄パプリカ、 ピーマン、大豆油、 醤油、 砂糖、 生姜、 ニンニク

【さつま芋とインゲンのピリ辛妙め】 さつま芋、 インゲン、エノキ、 ニンニク、 醤油、 砂糖、 大豆油、 唐辛子

【旬の野菜と高野豆腐煮】 蓮根、 高野豆腐、人参、インゲン、椎茸、 昆布、 醤油、 味醂、 塩

 

メニュー⑥:照り焼きハンバーグ

新メニュー①: 照り焼きハンバーグ

もうね。

これはうますぎでした。

 

現在絵量は主に豆腐なのですが、本当に大豆だけ?といった味と食感。

切り口はこんな感じ。

ブイクックデリて利益ハンバーグの切り口

 

食べた感想としては、食べたことはないですが鶏肉のミンチで作ったハンバーグのような感じでした。

もうご飯が進んで仕方ない(はずの)一品です。

(私は諸事情でお米がなく、ご飯と一緒に食べれなかったのが非常に残念。ご飯があればサイコーだったのに....)

 

もりま
あと、副菜もしっかりと美味しかったです。

 

「照り焼きハンバーグ」の栄養素 

「照り焼きハンバーグ」の栄養素は以下の通りです。

+生姜焼きの栄養素はこちら

照り焼きハンバーグ(210g)
カロリー327kcal
たんぱく質18.8g
脂質10.4g
炭水化物37.6g
- 糖質29.6g
- 食物繊維7.9g
食塩相当量2.1g

 

たんぱく質と食物繊維が非常に多いのが魅力的ですね。

 

「照り焼きハンバーグ」の原材料 

「照り焼きハンバーグ」のメニューの原材料は以下の通りです。

+照り焼きハンバーグの原材料はこちら

【照り焼きハンバーグ】 木綿豆腐、玉葱、ソイフレーク(乾燥)(脱脂大豆(遺伝子組み換え不使用)、食用植物油脂、カラメル色素、ベニコウジ色素)、ベサン、片栗粉、醤油、大豆油、きび砂糖、塩、おろし生姜、おろしにんにく、椎茸粉

【人参しりしり】 人参、エノキ、大豆油、醤油、きび砂糖、大豆そぼろ(乾燥)(脱脂大豆(遺伝子組み換え不使用)、食用植物油脂、カラメル色素、ベニコウジ色素)生姜、椎茸粉

【インゲン胡麻和え】 インゲン、人参、酒、味噌、きび砂糖、白胡麻

 

メニュー⑦:肉団子と野菜の甘酢あん

新メニュー②: 肉団子と野菜の甘酢あん

これもうまうまでした。

いい甘酢加減で、ご飯が進む進む。

もりま
あと、他のメニューよりも盛り盛りでボリューミーに感じました。

 

肉団子の切り口はこんな感じ。

新メニュー②: 肉団子と野菜の甘酢あんの切り口

 

副菜のひじきもバッチリおいしく、インゲンのものはカレーのスパイスが効いていてこれまたうましでした。

 

「肉団子と野菜の甘酢あん」の栄養素 

「肉団子と野菜の甘酢あん」の栄養素は以下の通りです。

+肉団子と野菜の甘酢あんの栄養素はこちら

肉団子と野菜の甘酢あん(210g)
カロリー264kcal
たんぱく質11.9g
脂質7.1g
炭水化物41.6g
- 糖質31.3g
- 食物繊維10g
食塩相当量3.3g

 

1食で食物繊維が10gと非常に多く、これだけで男性が1日に摂取すべき量の半分ほどを占めています。

もりま
食物繊維不足になりがちな現代人には超ありがたいですな!

 

「肉団子と野菜の甘酢あん」の原材料 

「肉団子と野菜の甘酢あん」のメニューの原材料は以下の通りです。

+肉団子と野菜の甘酢あんの原材料はこちら

【肉団子と野菜の甘酢あん】 オムニミート(大豆たんぱく、えんどう豆たんぱく、米たんぱく、椎茸、酵母エキス、マルトデキストリン、じゃがいも澱粉、砂糖、食塩、麦芽抽出液、ブドウ糖/増粘剤(メチルセルロース)香料、着色料(ビーツルート))、玉葱ダイス、筍乱切り、蓮根乱切り、人参乱切り、椎茸、カリフラワー、醤油、砂糖、酢、ケチャップ、昆布粉

【さつま芋とインゲンのピリ辛妙め】 玉葱、ひよこ豆(乾燥)、インゲン、人参、大豆油、カレーパウダー、塩、胡椒

【旬の野菜と高野豆腐煮】人参、むき枝豆、ひじき(乾燥)、油揚げ、醤油、きび砂糖、大豆油、胡麻油、昆布粉、椎茸粉

肉団子はオムニミートが使われているようですね。

もりま
にしても、出来合いのものに入っている以外に添加物が使われていないのは、ただただすばらしいの一言です。

 

メニュー⑧:KARAAGE2.0(ゆず風味)

新メニュー③: KARAAGE2.0(ゆず風味)

続いては、KARAAGE2.0とのコラボメニュー。

 

これもめちゃ美味しかったです。

もりま
もう美味しいしか言っていませんが、本当にどれも美味しいので。笑

 

からあげの柚子の風味がよく、ご飯のいいお供となってくれました。

あと個人的にはサブのレンコンの金平もめちゃ美味しく、気に入りました。

 

ちなみに、からあげの切り口はこんな感じ。

新メニュー③: KARAAGE2.0(ゆず風味)の切り口

からあげの食感はどちらかというと「プリッ」よりかは、「プニッ」て感じですね。

 

「KARAAGE2.0(ゆず風味)」の栄養素 

「KARAAGE2.0(ゆず風味)」の栄養素は以下の通りです。

+KARAAGE2.0(ゆず風味)の栄養素はこちら

KARAAGE2.0(ゆず風味)(210g)
カロリー404kcal
たんぱく質15.1g
脂質18.7g
炭水化物42.6g
- 糖質35g
- 食物繊維6.3g
食塩相当量2.9g

 

「KARAAGE2.0(ゆず風味)」の原材料 

「KARAAGE2.0(ゆず風味)」のメニューの原材料は以下の通りです。

+KARAAGE2.0(ゆず風味)の原材料はこちら

【KARAAGE2.0(ゆず風味)】 ソイミート(乾燥)(エンドウたん白、粉末状大豆たん白(非遺伝子組換)、食物繊維(大豆・非遺伝子組換)、脱脂大豆(非遺伝子組換)、でん粉(とうもろこし・非遺伝子組換))、片栗粉、薄口醤油、塩こうじ、ゆず、根昆布、塩、大豆油

【蓮根の金平】蓮根スライス、大豆油、醤油、きび砂糖、胡麻油、白胡麻、一味唐辛子

【インゲン豆のトマト煮】ダイストマト、水、インゲン豆(乾燥)、玉葱、ズッキーニ、赤パプリカ、黄パプリカ、ナス、オリーブオイル、オレガノ、塩、きび砂糖

KARAAGE2.0を初めて食べましたが、余計な添加物が盛り込まれていないのはすごく驚きました。

 

メニュー⑨:大豆ミートのしぐれ煮

新メニュー④: 大豆ミートのしぐれ煮

これまたボリューミーで、うましでした。

このメニューは副菜が少しユニークで、里芋のボロネーゼは非常に美味しかったです。

あと、ゼンマイも以前まで美味しいと感じた記憶がなかったですが、ここに入っていたのはしっかり美味しくいただけました。

 

里芋のボロネーゼはカゴメ株式会社とのコラボ商品なようで、ボロネーゼのソースと里芋って合うんだという新たな発見がありました。

 

大豆ミートのしぐれ煮のアップはこんな感じ。

新メニュー④: 大豆ミートのしぐれ煮のアップ

もりま
もう見た目はほぼほぼお肉ですよね。

 

 

「大豆ミートのしぐれ煮」の栄養素 

「大豆ミートのしぐれ煮」の栄養素は以下の通りです。

+大豆ミートのしぐれ煮の栄養素はこちら

大豆ミートのしぐれ煮(210g)
カロリー258kcal
たんぱく質17.3g
脂質10.1g
炭水化物23.9g
- 糖質14.9g
- 食物繊維8.3g
食塩相当量1g

見た目だけではなく、たんぱく質もしっかりとお肉に負けないぐらい入っていますね。

あと、糖質もカロリーも少なめなのでダイエットしてる人なんかはこのメニューは最適ではないでしょうか?

 

「大豆ミートのしぐれ煮」の原材料 

「大豆ミートのしぐれ煮)」のメニューの原材料は以下の通りです。

+大豆ミートのしぐれ煮の原材料はこちら

【大豆ミートのしぐれ煮】 大豆ミート(乾燥)(エンドウたん白、粉末状大豆たん白(遺伝子組み換え不使用)、植物繊維、脱脂大豆、でん粉)、玉葱、牛蒡、赤ピーマン、黄ピーマン、ピーマン、大豆油、醤油、きび砂糖、生姜、胡麻油、椎茸粉

【里芋のボロネーゼ】里芋、根菜と大豆ミートのボロネーゼ(野菜(たまねぎ(国産又は輸入)、セロリ、にんじん、ごぼう)、トマトペースト、大豆加工品、大豆油、グラニュー糖、ワイン、オリーブオイル、食塩、野菜だし、ガーリックピューレー、でん粉、乾燥しいたけ、香辛料/クエン酸、(一部に大豆を含む)、大豆油

【ゼンマイのナムル】ぜんまい水煮、大豆油、白胡麻、醤油、おろしにんにく、胡椒

里芋のボロネーゼを自分で作ってみようかなと思いましたが、材料が多いので諦めました。笑

 

メニュー⑩:ミートローフ

新メニュー⑤: ミートローフ

この感想はもうわかりますよね?

 

はい、いつも通り美味しかったです。笑

もりま
ミートローフはお肉を頻繁に食べていた時でもあまり食べた事なかったですが、多分普通のやつより美味しいです。これは。

 

このミートローフは代替肉業界では有名なオムニミートとのコラボなようで、さすがだなといった感じですね。

 

で、ミートローフの切り口はこんな感じ。

新メニュー⑤: ミートローフ

もりま
なんか、めちゃジューシーじゃないですか?

 

「ミートローフ」の栄養素 

「ミートローフ」の栄養素は以下の通りです。

+ミートローフの栄養素はこちら

ミートローフ(210g)
カロリー289kcal
たんぱく質16.1g
脂質4.1g
炭水化物75.1g
- 糖質64.3g
- 食物繊維10.5g
食塩相当量2.4g

こちらは先ほどの「大豆ミートのしぐれ煮」とは異なり、割と糖質が多めになっていますね。

一方でたんぱく質や食物繊維はしっかりと入っているので、糖質を気にしない人であれば、なかなか良さげです。

 

「ミートローフ」の原材料 

「ミートローフ」のメニューの原材料は以下の通りです。

+ミートローフの原材料はこちら

【ミートローフ】 オムニミート(大豆たんぱく、えんどう豆たんぱく、米たんぱく、椎茸、酵母エキス、マルトデキストリン、じゃがいも澱粉、砂糖、食塩、麦芽抽出液、ブドウ糖/増粘剤(メチルセルロース)香料、着色料(ビーツルート))、玉葱、ダイスダイストマト缶、人参、インゲン、コーン、きび砂糖、醤油、ケチャップ、おろしにんにく、ナツメグ、ベイリーフパウダー

【菜の花のお浸し】菜の花、醤油、砂糖、昆布粉、椎茸粉

【とうもろこしと切り干し大根のソテー】とうもろこし、切干大根(乾燥)、赤パプリカ、オリーブオイル、塩、胡椒、ディル

 

メニュー11:海老と野菜のチリソース

新メニュー⑥: 海老と野菜のチリソース

続いては、エビチリ。

もう海老ですね。完全に。

 

味はどうなのか?

もうお分かりでしょう。激うまでした。

 

この海老は大豆粉でできているというから驚きです。

海老の中身はこんな感じで、食感もプリプリでした。

新メニュー⑥: 海老と野菜のチリソースの切り口

 

 

「海老と野菜のチリソース」の栄養素 

「海老と野菜のチリソース」の栄養素は以下の通りです。

+海老と野菜のチリソースの栄養素はこちら

海老と野菜のチリソース(210g)
カロリー353kcal
たんぱく質13.2g
脂質13.8g
炭水化物44.1g
- 糖質33.7g
- 食物繊維9.8g
食塩相当量4.3g

他のメニューと比べると少し塩分が高くなっています。

が、この美味しさとたんぱく質や食物繊維の量であれば、お咎めなしでしょう。

 

もりま
市販のは塩分だけ高く、栄養素がないものが多いですから、それに比べると神です。

 

「海老と野菜のチリソース」の原材料 

「海老と野菜のチリソース」のメニューの原材料は以下の通りです。

+海老と野菜のチリソースの原材料はこちら

【海老と野菜のチリソース】 ベジ小エビ(大豆たん白(遺伝子組み換えでない)、蒟蒻粉、澱粉、カードラン、砂糖、塩、パプリカ色素、調味料(アミノ酸等)、(原材料の一部に小麦を含む))、人参、玉葱、筍、むき枝豆、醤油、酢、砂糖、大豆油、椎茸、胡麻油、片栗粉、生姜おろし、ニンニクおろし

【肉じゃが】ジャガイモ、玉葱、大豆バラ肉(乾燥)、人参、醤油、グリーンピース、大豆油、きび砂糖、昆布粉、椎茸粉

【ブロッコリーとザーサイ炒め】ブロッコリー、ザーサイ、醤油、胡麻油

 

ブイクックデリ実食レビューまとめ

以上、私がこれまでに食べた11種類のメニューの感想でした。

 

色々と書いていますが、まとめると「うまい!」の一言です。

 

黒酢豚やミートローフ、生姜焼きなど非常に美味しくて、「本当のお肉である必要があるのか?」そう感じさせてくれるメニューばかりでした。

 

 

『ブイクックデリ』の口コミ

『ブイクックデリ』の口コミ

結局のところ、全部美味しかった『ブイクックデリ』ですが、私の主観も大いに入っています。

なので次は、世間ではどういった評価がされているのかをみていきましょう。

 

Twitterでの口コミ

Twitterでみられた口コミはこちら↓

 

もりま
こんな感じで、Twitterでは「美味しい」という声ばかりですごく好評でした!

正直、「まずい」と言った声は全く見当たらなかったので、みんな美味しいと感じているようです。

 

Instagramでの口コミ

続いて、Instagramでの口コミもご紹介しておきます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nana Emori🇯🇵(@nana_emori)がシェアした投稿

 

こんな感じで、Instagramでもすごく好評でした。

 

もりま
私が「おいしい!」と感じていたのは間違いではなかったようです。笑

 

 

『ブイクックデリ』の残念なポイント

『ブイクックデリ』の唯一の残念なポイント

『ブイクックデリ 』に対して少し残念に感じたことは以下の2点。

  1. お試しがなく少しハードルが高い
  2. メニュー数が少ない
  3. 値段が少し高い

 

それぞれ解説していきます。

 

4/17追記:①の「お試しがなく少しハードルが高い」という点に関しては、現在は解消されています。

 

残念なポイント①お試しがなく少しハードルが高い

『ブイクックデリ 』の残念なポイント1つ目は、お試しがなく始めるのに少しハードルが高いというところ。

 

他の宅食サービスでは、お試しセットのようなものがあり少し安く試せることもあります。

実際、ワタミの宅食ダイレクトグリーンスプーンでは初回はお試し価格で安く買えました。

 

その点、『ブイクックデリ 』ではお試しセットがなく初回でも通常料金なため、ちょっと試してみたいなという人には少しハードルが高く感じられるかもしれません。

 

4月17日からお試しが登場!

『ブイクックデリ 』にお試しがない。というのはもう過去の話になりました。

 

現在は初回から単発購入もでき、5%引きで購入できるなどお試し価格で気軽に試せるようになりました!

 

お試しがしたいとの要望が多く寄せられたみたいで、すぐに対応してくれたようです。

 

もりま
いや〜、すばらしいですね!

 

以下のクーポンを使うと初回5%OFFで試せるので、気になっている方は是非試してみてください!

クーポンコード:morima555

 

残念なポイント②:メニュー数が少ない

『ブイクックデリ 』の残念なポイント2つ目は、メニュー数が少ないことです。

 

『ブイクックデリ 』では、現在12種類のメニューが提供されています。

これは他の宅食サービスと比べるとちょっと少なめ。

まぁヴィーガン惣菜なので、できるメニューが限られてしまうという何点はあるかと思いますが、

 

同様の宅食サービスnosh(ナッシュ)なんかは、60種類とかあるので、こういったところと比べると少なく感じてしまうのが正直なところかなと思います。

 

注文頻度次第では問題なし!

『ブイクックデリ』では現在12種類のメニューと他と比べると少なめではありますが、注文の頻度次第ではそこまで大きな問題でもなくなります。

 

『ブイクックデリ』では、毎週、隔週、毎月、の3パターンでの注文が可能で、毎月や隔週での注文であれば12種類のメニューでも飽きずに楽しむことができます。

もりま
実際、私は毎月の注文をしていますが、まだメニューに飽きは来ていません。

 

が、1年2年と長く続けていくといづれ飽きてしまう可能性もあるので、今後のメニュー追加に期待ですね!

 

残念なポイント③:値段が少し高い

3つ目の残念なポイントは値段が少し高いところです。

 

『ブイクックデリ』の価格は注文頻度により変更しますが、1食あたり930〜990円(税込)となっています。

 

外食時の1食分の値段くらいなのでめちゃくちゃ高いわけでは無いですが、毎日食べるとなると少し金銭的負担が大きいと感じる人もいるでしょう。

 

この値段は仕方ない?

『ブイクックデリ』の値段は少し高めではありますが、正直仕方ないかなと感じる部分でもあります。

というのも、安全性や栄養素など安心して美味しく食べられるようにするには、いろいろと手間や労力が必要になるからです。

 

安くて美味しいご飯を作ろうと思えば簡単で、添加物を大量に打ち込んで機械で作れば難なく出来上がります。(市場に出回っている多くの食品がこれ)

 

しかし『ブイクックデリ』では、私たち消費者のことを考えてそれを行なっていないため、この価格になってしまっているのです。

もりま
つまり、健康を維持しつつ時間を節約できるのであれば、十分納得のいく値段かと思います。

 

まぁ、今後作る工程の改善や需要が高まっていけば値段が下がることは期待できますので、そこまで少し辛抱です。

 

『ブイクックデリ』の素晴らしい10のポイント

『ブイクックデリ』の素晴らしいポイント

『ブイクックデリ』を食べて感じた素晴らしいポイントは以下の10点です。

  1. めっちゃうまい
  2. 栄養素が豊富
  3. 添加物がほぼゼロ
  4. 持ち運びに便利
  5. 料理が面倒な時に助かる
  6. 普通に満腹感もある
  7. インスタ映えする
  8. お弁当作りが楽になる
  9. ヴィーガンに対応している
  10. 環境に配慮されつつ可愛い容器
  11. 要望を聞いて反映してくれる

 

それぞれ解説していきます。

 

素晴らしいポイント①:めっちゃうまい

まずなんといっても『ブイクックデリ』は、うますぎです。

 

先述した個別メニューのレビューや口コミのところでも言いましたが、本当に美味しいです。

もりま
正直、まずいと感じる人いないんじゃないかな〜と思います。

 

素晴らしいポイント②:栄養素が豊富

続いて、栄養素が豊富なのも素晴らしいポイントです。

 

特に、ヴィーガンなどの菜食主義の方が不足しがちとされる「たんぱく質」が豊富でいい感じです。

 

素晴らしいポイント③:添加物がほぼゼロ

『ブイクックデリ』は、添加物がほぼないこともグッドなポイントです。

 

今回食べた5つのメニューのうち、食品添加物が使用されていたのは「ロールキャベツ」の1メニューのみ。

他のメニューには一切使われておらず、なんとも素晴らしい限りです。

 

もりま
添加物をできるだけ避けている私にとっては、非常にありがたく安心できます。

 

素晴らしいポイント④:持ち運びや収納に便利

持ち運びや収納に便利な点も良いですね。

 

『ブイクックデリ』の容器は、すごくコンパクトなので小さなカバンや冷蔵庫でも十分入ります。

 

会社に持っていくときには、小さな保冷バッグにも入れれます。

もりま
こんな感じですっぽりと入ります。

素晴らしいポイント④: 持ち運びや収納に便利

 

冷凍庫に入れた場合の写真は撮り忘れました。。。

 

素晴らしいポイント⑤:緊急時や料理が面倒な時に助かる

料理がめんどくさい時や朝寝坊して弁当が作れないなんて緊急時にも、『ブイクックデリ』があると助かります。

 

レンジで温めるだけで食べられるので、残業から帰って料理がめんどくさいときには非常にありがたいです。

また、「寝坊してランチを作る時間がない」といった時も、カバンに入れて持っていけるのでグッド。

 

実際Twitterでは、寝坊したから「ブイクックデリ」をランチに持って行った方がおられました。笑

 

素晴らしいポイント⑥:普通に満腹感もある

『ブイクックデリ』は非常に満足感もあるので、良い感じです。

 

満腹感に関しては後ほどの総合評価の項目で取り上げますが、普通にお腹が膨れて満足感が得られます。

 

素晴らしいポイント⑦:インスタ映えする

なんと、『ブイクックデリ』はインスタ映えもしてしまいます。

 

最近はなんでもインスタ映えすることが重要視されますが、『ブイクックデリ』はしっかりとインスタ映えします。

 

容器のままインスタに載せてもよし。

お皿に盛り付けてもよしです。

 

お皿に盛り付けるとこんな感じでインスタ映えします。

もりま
めっちゃ可愛らしいですよね。

 

容器のままでも、これくらい映えます↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

はるの(@noirinne)がシェアした投稿

 

もりま
アップしてるバージョンでも映えます。

 

『ブイクックデリ』を試した際は、ぜひインスタに投稿してみてください!

 

素晴らしいポイント⑧:お弁当作りがラクになる

『ブイクックデリ』があれば、毎日のお弁当作りが非常にラクになります。

 

先述したように持ち運びがしやすいのでそのままカバンに入れても良いですが、自分のランチボックスに詰め直して持って行ってもOK。

 

Twitterでは実際に弁当に詰めて活用されている方もいました。

 

素晴らしいポイント⑨:ヴィーガンに対応している

この点は当たり前と言えば当たり前ですが、これまでヴィーガンに対応したものが非常に少なかったことを考えると素晴らしい点であります。

 

『ブイクックデリ』がさらに広まり、ヴィーガンやベジタリアンなど様々な生活スタイルの人が暮らしやすい世の中になるといいな〜と思っています。

 

素晴らしいポイント⑩:環境に配慮されつつ可愛い容器

『ブイクックデリ』の容器は、めちゃ可愛いです。

 

こんな感じで、とてもコンパクトでどことなく可愛さを感じます。

素晴らしいポイント⑩: 環境に配慮されつつ可愛い容器

 

容器の素材としてもプラスチックではなく、紙素材を使用しておりプラスチックゴミの削減に貢献しています。

 

新パッケージ

現在のブイクックデリではこんな可愛いパッケージになっています。

ブイクックデリの新パッケージ

食品が入っている入れ物自体は先ほどと変わりませんが、それを包んでいるラベルが付いています。

このラベルには、料理名や温め時間、栄養素や原材料など全ての情報が詰まっています。

 

個人的にお気に入りなのが、この部分。

ブイクックデリの新パッケージのお気に入り箇所

この1食でどれくらい地球環境への負担を削減できたのかがわかり、良いことをしている気持ちになれます。笑

 

もりま
ちなみに、ブイクックデリの公式サイトのトップには、みんなでどれだけ環境負担の削減をしたかがわかるようになっているので、ぜひ覗いてみてください。

公式サイト ブイクックデリ

 

素晴らしいポイント11:要望を聞いて反映してくれる

『ブイクックデリ』の素晴らしいポイント11個目は、私たちの要望を聞いて反映してくれるところです。

 

『ブイクックデリ』はまだサービスを開始してから間もないということもあり、まだまだ成長の余地があります。

その点を『ブイクックデリ』さんも認識されていて、実際に食べてみてどうだったかやもっとこうした方が良いという意見があってそれをぶつけるとちゃんと対応してくれます。

 

実際、先ほど残念なポイントのところで挙げた「お試しがなく少しハードルが高い」というところも、すぐに対応しお試しができるようにサービスを改善してくれています。

 

まだまだスタートしたばかりの新しいサービスで、私たち消費者と一緒に作り上げていくことができる、『ブイクックデリ』はそんな素敵なサービスでもあります。

 

 

『ブイクックデリ』の総合評価

『ブイクックデリ』の総合評価

それでは、このブログではお馴染みとなっている「総合評価」を、『ブイクックデリ』につけていきたいと思います。

 

ブイクックデリ
総合評価4.6
満腹感
口コミ
栄養素
コスパ
手軽さ
安全性
ヴィーガンへの
対応

 

それぞれ解説していきます。

 

最高に美味しい。

 

味に関しては、「ただただうまい」の一言です。

もりま
ヴィーガンでない人にも、ぜひ試して欲しいです!

 

満腹感

満腹感

満腹感も割とあると感じました。

 

女性であればこれだけでも十分。

男性であっても、ご飯と一緒に食べれば全然お腹が膨れます

 

口コミ

口コミ

口コミに関しては、先述したように「美味しい!」という口コミが多数見つかり、非常に好評でした。

もりま
いや、ほんとに美味しいですからね。

 

栄養素

栄養素

栄養素の面も、なかなか良いです。

 

ヴィーガンなど菜食の人は、意識しておかないとたんぱく質不足に陥ってしまうこともしばしば。

ただ、ブイクックデリなら最大で1食16gも取れ、男性の1日摂取目安の25〜26%ほどが取れます。参照

女性の場合だと、30〜32%ほどになります。

 

の理由は、ビタミンとミネラルの含有量が不明なためです。

 

コスパ

コスパ

コスパに関しては、正直すこし高いなと感じてしまうのが本音のところ。

もりま
他の宅食サービスが安すぎるのかな?

 

ただ、この値段になっているのは添加物がないことや1つずつ手作りで調理されているというようなポジティブな要素の結果です。

「安いけど添加物てんこ盛り」のものを食べていても体調は悪化するばかりで、医療費の方で結局お金を使う羽目になります。

 

もりま
なので、『ブイクックデリ】の現状でのこの値段は正直仕方ないところではあるかと思います。

 

しかし、今後いろいろな改良がされて値段が大きく下がる可能性もあるので、今後に期待です。

 

手軽さ

手軽さ

手軽さに関しては、満点の5.0です。

 

レンジで5分ほど温めるだけで美味しいメインが食べられます。

保存する場合も冷凍庫に入れるので、ある程度日持ちして管理もしやすいです。

 

安全性

安全性

安全性もバツグンに高いと言えるでしょう。

 

使われている食品添加物もほぼほぼゼロで、今回食べた5つのメニューの中ではロールキャベツにのみ使用されていました。

ただ、ここの添加物はオムニミートに使用されているもので、『ブイクックデリ』が添加したものではないことは強調しておきます。

 

ちなみに、以前試した宅食サービス「ナッシュ(nosh)」や「ワタミ宅食ダイレクト」では、添加物がバンバン使われておりました。

 

ヴィーガンへの対応

ヴィーガンへの
対応

『ブイクックデリ』は、ヴィーガンへの対応がされています。

まぁもともとヴィーガンの方の食事のサポートという目的から立ち上げられたサービスなので、当たり前ではありますが。笑

 

もりま
ただ、個人的にこの項目はなかなかこのポイントが○にならなかったので、なんか嬉しいです。

 

過去に○をつけたことがあるので、ヴィーガンチョコレートの「andew(アンジュ)」さんをご紹介した時ぐらいです。

関連記事 世界初で世界一優しいチョコ!アンジュ(andew)を食べてみた

 

 

『ブイクックデリ』のおすすめな活用法は?

『ブイクックデリ』のおすすめな活用法は?

『ブイクックデリ』のおすすめの活用方法は以下の3点です。

  1. 毎日食べて時間の節約と健康維持
  2. 料理が面倒な時に使う
  3. ヴィーガン料理を食べたことない友人に食べてもらう

 

それぞれ解説していきます。

 

おすすめの活用法①:毎日食べて時間の節約と健康維持

まず、王道的な活用法として毎日食べること。

 

毎日食べるとなるとそれなりの値段にはなるかと思いますが、料理の時間を節約できることや栄養バランスの良い食事ができることを考えると許容範囲です。

 

また、2017年の研究で「家事代行や家事の自動化にお金を使うことで、幸福度が増す」こともわかっているので、『ブイクックデリ』を毎日食べれば幸せになれるはず

 

もりま
私も『ブイクックデリ』の正式リリース後はしっかりと活用して、時短できた分はブログを書いたり読書をしたりと有益なものに時間を使っていきたいと思います。

 

おすすめの活用法②:料理が面倒な時に使う

『ブイクックデリ』を料理が面倒な時や時間がない時などに活用するのもおすすめです。

 

残業で帰宅が遅くなり、そこから料理するのが面倒ということはよくあります。

そんな時は、レンジで数分温めるだけで美味しいご飯が食べられる『ブイクックデリ』は非常にありがたいです。

 

もりま
コンビニ弁当よりも断然、体に優しいですしね!

 

また、「風邪をひいて料理する気力がない」なんて時にも活躍するので、ぜひ常備しておきたいところです。

 

おすすめの活用法③:ヴィーガン料理を食べたことない友人に食べてもらう

そして3つ目の『ブイクックデリ』の活用方法は、ヴィーガン料理を食べたことない友人に食べてもらうことです。

 

最近はヴィーガンやベジタリアンなどの菜食の人が増え、世間的にも認知度がすごく高まってきていますが、まだまだヴィーガン料理が一般的になったとは言えません。

なので、ヴィーガン料理を食べたことがないという人も多いです。

 

そんな人がヴィーガン料理に興味を持った時に、『ブイクックデリ』があればいつでも食べてもらうことができます。

 

そして普通に美味しいので、ヴィーガン料理に対してポジティブな印象を持ってもらいやすいのかなとも思います。

 

実際、私もヴィーガン料理を食べたことがない友人に食べてもらいましたがすごく好評でした。

もりま
その後、ヴィーガン料理にすごく興味を持ってくれたみたいで、今度ヴィーガンラーメンを食べに行くと言っていました。笑

 

 

『ブイクックデリ』の商品基本情報

ブイクックデリを食べる人

ブイクックデリの商品情報をまとめておきます。

 

項目内容
メニュー数12
価格4週間に1回(990円/円)
2週間に1回(960円/円)
毎週(930円/円)
運営会社株式会社ブイクック
サービス開始日2021年2月15日

 

ライバル『nosh(ナッシュ)』と比べてみた

最後におまけですが、勝手に宅食サービスのライバルであるナッシュと『ブイクックデリ』を比較してみました。

 

その結果、どちらも良い点悪い点があることが分かり、人それぞれのニーズに合ったものを選べば良いかなと感じました。

 

個人的には、『ブイクックデリ 』の方が合っているなと感じたので、今後も『ブイクックデリ』を続けていきたいなと思います。

 

詳しい比較の内容は以下をご覧ください。

関連記事 勝つのはどっち?ナッシュとブイクックデリを9項目で徹底比較

 

『ブイクックデリ』の美味しさと安全性に感激しました!:まとめ

『ブイクックデリ』の美味しさと安全性に感激しました!:まとめ

今回は、ヴィーガン惣菜の宅配サービス『ブイクックデリ』を実際に食べてみた感想に加え、良い点や残念な点についても解説してきました。

 

近年、日本でもヴィーガンやベジタリアンの人が増えてきているにも関わらず、まだまだ食事の選択肢が少ない現状の中、こういったサービスが出てきたのは素晴らしいなと感じます。

 

しかも美味しさや栄養素、安全性も抜群です。

今後も、しっかりとオーダーさせていただこうと個人的に思っています。

 

気になる方はぜひ一度お試しください!

 

-オススメ, 健康, 環境
-, , , , , , ,

© 2021 Geeky Foody Powered by AFFINGER5