グルメ

【ヴィーガン食】ケンタッキー(KFC)のヴィーガンバーガーを食べてみた

2020年2月16日

【ヴィーガン食】ケンタッキー(KFC)のヴィーガンバーガーを食べてみた

みなさん、ケンタッキーはお好きですか?

 

個人的にはマクドナルド派ですが、今回ケンタッキーからヴィーガンハンバーガーが出たということで、食べに行ってきました。

世界的にヴィーガンやベジタリアンの人口が増えてきて、フード産業も無視できなくなってきたようです。

 

ということで、今回はケンタッキーのヴィーガンハンバーガーの実食のレビューを含め、ヴィーガンハンバーガーの紹介をしたいと思います。

 

本記事の内容

  • ケンタッキーのヴィーガンハンバーガーとは
  • ヴィーガンハンバーガーはおいしいのか
  • ヴィーガンハンバーガーはどこで買える
  • ヴィーガンハンバーガーの栄養価

 

本記事はイギリスのケンタッキーで販売されているヴィーガンバーガーのレビューです。

 

 

KFCのヴィーガンハンバーガーの詳細

KFCのヴィーガンハンバーガーの詳細

出典:KFC

 

イギリスのケンタッキー(KFC)が、2020年1月からヴィーガンハンバーガーの販売を開始しました。

 

もりま
ヴィーガンがすごく一般的になっているイギリスでも、今までなかったのは少し驚きです

 

それでは、このヴィーガンハンバーガーの商品情報についてみていきたいと思います。

 

ヴィーガンハンバーガーの原材料

ケンタッキーのヴィーガンハンバーガーの原材料ですが、Quorn(クォーン)というブランドのフィレにケンタッキーの11つの機密ハーブとスパイスをブレンドして作っているようです。

 

なので、詳しい原材料はわかりませんが、市販されているQuorn(クォーン)のヴィーガンフィレは以下の原材料でできているようです。

ヴィーガンフィレの原材料

  • マイコプロテイン (88%)
  • ポテトタンパク質
  • エンドウ食物繊維
  • 安定剤(塩化カルシウム、酢酸カルシウム)
  • 自然調味料
  • 小麦グルテン
  • 安定剤(カラギナン、アルギナン酸ナトリウム)

※上記は公式サイトから翻訳したものです。

 

マイコプロテインとは?

Quorn(クォーン)のフィレの主原料であるマイコプロテインとは、「きのこのタンパク質」のことです。

このマイコプロテインは、将来の食糧危機によるタンパク質不足を補うために開発され、お肉の代わりに食べる代替肉として非常に人気です。

 

もりま
味は、鶏肉に近い味がするようです。

Quorn(クォーン)の見た目などについてはこちらをご覧ください。

 

KFCのヴィーガンハンバーガーはおいしいのか?

それでは、今回私が食べたケンタッキーのヴィーガンハンバーガーの実際の見た目や味について解説していきたいと思います。

 

ヴィーガンハンバーガーの見た目

ケンタッキーのヴィーガンハンバーガーは、こんな箱に入れられてます☟

ケンタッキー ヴィーガンハンバーガー 箱

ビッグマックみたいな箱に、でかでかと「ZERO CHICKEN(ゼロ・チキン)」と書かれてます。

 

バーガーの本体

ヴィーガンハンバーガー本体はこんな感じです☟

ケンタッキー ヴィーガンハンバーガー 本体

チキンバーガーですか?
フモス瑠偉
もりま
そう見えますよね!でも、しっかりヴィーガンバーガーです。

 

ご覧のように、見た目からはもう普通のケンタッキーのチキンです。

普通に、めちゃくちゃおいしそうじゃないですか?

 

断面はこんな感じです☟

ケンタッキー ヴィーガンハンバーガー 断面

これは、チキンでしょ?
フモス瑠偉
もりま
いいえ!変わらずヴィーガンバーガーです。

 

もう見た目は、完全にケンタッキーのハンバーガーです。

 

ヴィーガンハンバーガーの味

では、ケンタッキーのヴィーガンハンバーガーの気になるお味ですが、、、

 

もりま
超絶おいしかったです!

 

もう普通のケンタッキーのハンバーガーを食べているようでした。

 

おそらく、ヴィーガンハンバーガーと言われないと気付かないと思います。

 

ヴィーガンハンバーガーはどこで買える

ヴィーガンハンバーガーはどこで買える

このケンタッキーのヴィーガンバーガーは、今のところイギリスとアイルランドのケンタッキーのみでの販売となっています。

もりま
日本ではまだ食べられないのが非常に残念

 

ただ、これらの地域でも売っていない店舗もあるようで、売れ行きが良くない場合は販売中止になる模様。

ヴィーガンハンバーガーを販売している店舗はこちらをご覧ください。

 

ヴィーガンハンバーガーの栄養価

ヴィーガンハンバーガーの栄養価

ケンタッキーのホームページによると、ヴィーガンハンバーガーの栄養価は以下のようになっています。

 

もりま
ケンタッキーの普通のチキンハンバーガーと比較してみました。
ヴィーガンハンバーガー普通のハンバーガー
カロリー450kcal475kcal
脂質18.99g19.3g
(うち飽和脂肪酸)1.97g2.3g
炭水化物52.94g45.1g
(うち砂糖)5.69g5.5g
タンパク質18.74g29.7g
2.91g2.02g

 

以下で少し解説していきます。

 

カロリーは低いけど、、、

ヴィーガンバーガーは、普通のチキンハンバーガーと比べるとカロリーは低くなっています

でも、1つで450kcalと割とカロリーが高めです。

 

もりま
ヴィーガンと言えど、やはりファストフードなのは変わりないですね。

 

タンパク質は少し低め

やはり普通のハンバーガーと比べると、タンパク質は少し低くなっています

 

ヴィーガン用の食品は、お肉に負けないぐらいのタンパク質を含んでいることが多いですが、栄養価よりも味を重視しているからか、栄養価は少し劣ってしまっている印象です。

 

もりま
まぁ、ファストフードでタンパク質をしっかり補給しようと考えている人も少ないとは思いますけどね。

 

塩分が多め

そして、ヴィーガンハンバーガーは普通のハンバーガーに比べると、塩分が1gほど多くなっています

 

イギリスでは、1日に摂取しても良いとされる塩の量が最大で6gなので、1gの差は少し大きいですね。

 

もりま
チキンを使わずにその味に近づけるためには仕方ないのかもしれませんが。。。

 

栄養価まとめ:ヴィーガンと言えどファストフード

以上のまとめとしては、ヴィーガンハンバーガーと言えど健康的であるというわけではないということですね。

 

やはり、ファストフードには変わりないようです。

ただ、めちゃくちゃおいしいし、ヴィーガンの方でも普通にファストフードを楽しめるようになったのは、すごく良いと思います。

 

たまに楽しむ程度であれば全然OKです。

 

関連記事 >> 30日間マクドナルド生活をした結果がこちら

人気カテゴリー >> 栄養バランスを整えるなら、これしかない!大注目の完全食とは

 

ケンタッキーのヴィーガンバーガーへの想い

 

では、ケンタッキーがなぜヴィーガンハンバーガーを開発したのか。

その点について最後にお伝えしておきたいと思います。

 

ケンタッキーがこのヴィーガンハンバーガーを提供開始した思いとして、以下のようにホームページに書かれています。

 

長い間、ヴィーガンの方々は1952年から始まったケンタッキーのオリジナルレシピでできた味を楽しむ機会を持っていませんでした。このヴィーガンハンバーガーはこれまでのチキンをクォーンのヴィーガンフィレに変え、カーネルの象徴的な11つのハーブとスパイスで味付けされています。ヴィーガンハンバーガーは、ヴィーガンマヨネーズとレタスとともに提供されます。(KFC HPより)

 

また、ケンタッキーのイノベーション管理者アイラ・ダビンスキーは以下のように述べています。

カーネルはみんなに食事を楽しんでもらうことを望んでいました - 現在はヴィーガン、フレキシタリアン、我々のチキンファンの全員が我々のオリジナルレシピを楽しむことができます。(KFC HPより)

 

以上のように、ヴィーガンの方も同じようにケンタッキーのハンバーガーを楽しめるようにしたいという思いからヴィーガンハンバーガーを開発したようです。

 

もりま
すごく素敵な思いですね。日本でも早く発売して欲しい限りです。

 

ケンタッキー(KFC)のヴィーガンバーガーを食べてみた:まとめ

【ヴィーガン食】ケンタッキー(KFC)のヴィーガンバーガーを食べてみた:まとめ

今回はイギリスのケンタッキーで販売されているヴィーガンハンバーガーをご紹介しました。

 

とてもおいしいので、日本のケンタッキーで食べられないのが残念です。

もりま
はやく日本にも上陸してくれることを祈っています。

 

関連記事 【30日間マクドナルド生活】『スーパーサイズ・ミー』のレビュー

人気カテゴリー 手軽に安く栄養バランスを整えられる【完全栄養食】について

-グルメ
-, , , ,

© 2021 Geeky Foody Powered by AFFINGER5