健康

【まずいと噂】のBASE PASTA(ベースパスタ)がリニューアル!早速食べてみた【口コミ】

2020年5月6日

まずいと噂の『ベースパスタ』 を食べてみた リニューアル アイキャッチ画像
マイコー
  • ベースパスタはまずいって本当?
  • リニューアルしてもまずい?

こんな疑問にお答えします。

 

結論としては、うまい人にはうまい。と言った印象。

もりま
個人的にはベースブレッドの方が好みでした!

 

本記事の内容

  • ベースパスタはおいしいのか
  • ベースパスタの評判
  • ベースパスタの栄養素やコスパ
  • ベースパスタを美味しく食べる方法

 

ネットで調べると「まずい」といった意見が多く見られる、完全栄養食『BASE PASTA(ベースパスタ)』。

 

2020年3月にリニューアルしたようなので、実際にリニューアル版を食べてみました。

 

そこで今回は、『BASE PASTA(ベースパスタ)』を食べた感想をお伝えし、栄養素やコスパ、美味しく食べる方法なども解説していきたいと思います。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)を買うかお悩みの方は、ぜひご参考ください!

 

BASE PASTA(ベースパスタ)とは?

BASE FOOD株式会社 ロゴ

BASE PASTA(ベースパスタ)とは、BASE FOOD(ベースフード)株式会社が製造・販売している”完全食”の1つです。

 

BASE FOOD(株)は、毎日忙しく、おいしくて健康なものを食べれないという「食のトレードオフをなくす」をコンセプトに、手軽に食べれて栄養価の高い完全食を開発しています。

 

完全食って何?

完全食とは、1食で1日に必要な栄養素の1/3が摂れる食品をいいます。

 

なので、理論的には完全食を3回食べれば1日に必要な栄養素をすべて取れるというわけです。

 

ただこの完全食BASE PASTA(ベースパスタ)は「まずい」といった評判が多いので、実際に自分で食べてみることにしました。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)を買ってみた

ということで、早速BASE PASTA(ベースパスタ)を購入してみました。

 

で、届いたものがこちら☟

BASE PASTA(パスタ)スタートセット

 

もりま
今回、私は『スタートセット』と呼ばれるものを注文しました。 詳細については後程解説します。

 

箱の中身はこんな感じ☟

BASE PASTA(ベースパスタ)スタートセット 中身

 

もりま
すごくカラフルで、割とぎっしり入っていました。

 

『スタートセット』には以下のものが入っていました。

スタートセットの中身

  • BASE BREAD(ベースブレッド)4食分(8個)
  • BASE PASTA(ベースパスタ)フェットチーネ2食分
  • BASE PASTA(ベースパスタ)アジアン2食分
  • パスタソース1つ
  • EXバージンオリーブオイル25ml
  • 社長のあいさつやパンフレット類

※現在のスタートセットと異なる可能性があります。

 

今回はBASE PASTA(ベースパスタ)のみの解説なので、BASE BREAD(ベースブレッド)のレビューは以下の記事をご覧ください。

関連記事 本音で暴露!ベースブレッドを食べた感想

もりま
個人的にはこっちの方が好きです!

 

ベースパスタは2種類ある

BASE PASTA(ベースパスタ)には2種類あります。

 

フェットチーネ

1つが「フェットチーネ」と呼ばれるもので、平麺のパスタです。

 

見た目は、こんな感じです☟

BASE PASTA(ベースパスタ) フェットチーネ 見た目

 

アジアン

もう1つが「アジアン」と呼ばれる細麺のパスタです。

 

見た目は、こんな感じ☟

BASE PASTA(ベースパスタ) アジアン 見た目

 

では、気になるお味についてお伝えします。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)の味は?

ネットで「まずい」と噂のBASE PASTA(ベースパスタ)を食べてみた感想は、、、

 

もりま
ん~、おいしくはない。

というのが、本音の感想です。

 

ただし、調理法やソースによってはポテンシャルを発揮し、最強のお供となってくれると感じました

 

その理由は後ほど詳しく解説しますが、ソース次第でおいしくなったり、味に慣れたりするので、手軽に栄養満点の食事ができるようになります。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)は2種類ありますが、どちらも見た目が違うだけで、味の違いは特にありませんでした。

 

美味しくない理由

おいしくないと感じた理由は、パスタの味が濃く、パスタのソースの味とバトルしてしまっているからだと個人的には思っています。

 

ただ、もしかしたら私の調理がいけなかったからかもしれませんので、調理した方法もお伝えしておきます。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)を調理してみた

まず、BASE PASTA(ベースパスタ)の調理法を簡単にお伝えしておきます。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)の調理法はいたって簡単、お湯で1~2分茹でるだけです。

お湯を入れた容器に麺を入れてレンジで温めるだけでも調理できるようです。

 

この点は、普通のパスタよりも短い時間で茹であがるのでBASE PASTA(ベースパスタ)の良い点かなと感じます。

 

BASE PASTA(ベースパスタ) 調理 茹でる 泡

もりま
ただ、茹でる場合はこんな感じでたくさん泡が出てくるので注意です。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)を3つのソースで調理

そして、私はBASE PASTA(ベースパスタ)を以下の3つの方法で調理して食べてみました。

 

試したソース

  1. ペペロンチーノ
  2. トマトソースパスタ
  3. 特製ボロネーゼソース

それぞれの感想をお伝えしていきます。

 

①ペペロンチーノ

まず、BASE PASTA(ベースパスタ)アジアンを使って「ペペロンチーノ」を作りました。

 

ペペロンチーノは、普段自分で作っているCOCOCOROさんの作り方で調理しました。

>>【激うま】YouTube180万回再生のぺペロンチーノの作り方はこちら

 

そして、その方法で作ったペペロンチーノがこちら☟

BASE PASTA(ベースパスタ)アジアン ペペロンチーノ

 

もりま
結論、ベースパスタはペペロンチーノには向いてません。

 

②トマトソースパスタ

次は、BASE PASTA(ベースパスタ)フィットチーネをつかって「トマトソースパスタ」を作りました。

 

このトマトソースパスタも、普段しているCOCOCOROさんの作り方で作りました。

>> 激うまトマトソースパスタを作ってみた【作り方も解説】

 

そしてBASE PASTA(ベースパスタ)で作ったトマトソースパスタがこちら☟

BASE PASTA(ベースパスタ)フェットチーネ トマトソースパスタ

もりま
これも、残念ながら美味しくなかったですね。

ソースもパスタも味が濃く、お互い喧嘩をしている感じでした。

 

③特製ボロネーゼパスタ

そして、最後に『スタートセット』についてきた「特製ボロネーゼソース」を使ってBASE PASTA(ベースパスタ)を食べてみました。

 

そのボロネーゼパスタがこちら☟

BASE PASTA(ベースパスタ)フェットチーネ 特製ボロネーゼソース

 

「また、まずかったんでしょ?」ってお思いじゃないですか?

 

もりま
正直、これはおいしかったです。

やはりBASE PASTA(ベースパスタ)を作っているBASE FOOD(株)が作っているソースというだけあって、パスタに合っています。

 

なので、BASE PASTA(ベースパスタ)を食べるなら、BASE FOOD(株)が出している特製ソースを使って、食べることをおすすめします。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)の口コミ・評判は?

リニューアルされたBASE PASTA(ベースパスタ)が、世間ではどういった反応がされているのかもご紹介しておきます。

 

良い口コミ・評判

まずは、BASE PASTA(ベースパスタ)の良い口コミ・評判からご紹介していきます。

 

できるだけ、リニューアルされた3月以降のモノを選んでいます。

 

Twitterではこんな意見が見られました☟

 

 

といった感じで、わりと「ベースパスタはおいしい」という声が多いですね。

 

もりま
味は、アレンジの仕方でどうにでもなりそうです。

「ベースパスタの味の強さを活かせててうまい!」といった声もあるので、濃いソースよりも薄味のソースの方が合うのかもしれませんね。

 

悪い口コミ・評判

それでは、BASE PASTA(ベースパスタ)に対する悪い口コミ・評判もご紹介しておきます。

 

Twitterでは、こんな意見が見受けられました☟

 

 

といった意見が見られました。

 

実は意外と「まずい」と言っている人が少なく、探すのが大変でした。笑

 

もりま
どうやらリニューアル後はおいしくなっているようです。

また、「おいしくないけどダイエット効果があるから食べている」といった意見もあり、痩せるためなら食べられる味のようです。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)はヴィーガン対応?

BASE PASTA(ベースパスタ)はヴィーガンに対応していないようです。

 

というのも、BASE PASTA(ベースパスタ)の原材料を見ると「卵」が使用されているからです。

 

もりま
これは非常に残念。。。

 

また、2つの特製ソースにも動物性の食品が使われているようです。

  • コクと旨みのボロネーゼソース(牛肉・ビーフオイル使用)
  • ピリ辛 台湾まぜそばソース(ポークエキス使用)

 

ヴィーガンの方でも食べられるBASE PASTA(ベースパスタ)が早く開発されることを願っています。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)に添加物は入っている?

BASE PASTA(ベースパスタ)には、合成着色料などの添加物は入っていないようです。

 

BASE FOOD(株)の公式サイトにこのように記載されていました。

BASE PASTA®は毎日安心して食べていただきたいからこそ、合成保存料や合成着色料、人工香料など、余計な添加物は加えておりません。栄養を補うために一部ビタミン類を加えておりますが、サプリとしても普及している一般的なビタミンであり、安心してお召しあがりいただけます。
BASE PASTA®特製ソースも、合成着色料、合成香料、人工甘味料など、余計な添加物は使用しておりません。

 

完全栄養食なので添加物がテンコ盛りかと思っていましたが一切含まれていないようで、この点はすごくいいかなと思います。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)のコスパは?

それでは、BASE PASTA(ベースパスタ)のコストパフォーマンスについて見ていきます。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)の値段は?

まずBASE PASTA(ベースパスタ)の値段ですが、1食(1袋)税込390円となっています。

 

ただし、現在は初回購入限定で20%OFFの税込312円で購入できます。

 

また、注文の際は1セット(4食)単位で購入できます。

 

コスパは良い?

BASE PASTA(ベースパスタ)は、個人的にはわりとコスパが良いと思っています。

 

その理由としては、2018年の会社員の平均昼食代は570円(Yahoo!調べ)となっており、BASE PASTA(ベースパスタ)はそれより180円安い390円です。

 

また、現在適用されている20%OFFで購入すると1食200円以上も安くなります。

 

また、会社員の昼食だとコンビニ弁当やファミレスなどで済まし、バランスの取れた栄養が取りにくいのが現状ですが、BASE PASTA(ベースパスタ)だとしっかりとバランスの取れた栄養補給もできます。(詳しい栄養素は後述します)

BASE PASTA(ベースパスタ)は完全栄養食なのか?

それでは、BASE PASTA(ベースパスタ)に含まれる栄養素は本当に「完全」なのかを見ていきたいと思います。

 

アジアンとフェットチーネでそれぞれ少し栄養素が違うので、それぞれお伝えしていきます。

アジアンの栄養素

BASE PASTA(ベースパスタ)アジアンに含まれるビタミンやミネラルをグラフにしてみました。

 

BASE PASTA(ベースパスタ) アジアン 栄養素グラフ

(上記は、厚生省の栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を1食分とした場合の数値です。)

 

ビタミンCとモリブデンという栄養素が1食推奨摂取量の4倍ほど含まれていて、非常に多いことがわかります。

 

他の栄養素もすべて推奨摂取量を越していますし、推奨摂取量の倍ほど含んでいる栄養素も多く見受けられるので、なかなか良いのではないでしょうか。

 

アジアンの3大栄養素は?

続いてBASE PASTA(ベースパスタ)アジアンに含まれる3大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)について見ていきます。

 

アジアンに含まれる3大栄養素はこんな感じでした☟

BASE PASTA(ベースパスタ) アジアン 3大栄養素グラフ

(上記は、厚生省の栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を1食分とした場合の数値です。)

 

タンパク質や食物繊維、良質な脂肪分(オメガ3系)が推奨量より多くなっていますね。

 

オメガ3系、6系の働きについてはこちらをご参照下さい。

 

また、塩分が基準値より低く、さらに炭水化物やカロリーも低めになっているので、ダイエットしている方には非常にありがたいのではないでしょうか?

 

なので、全体的に見て非常に栄養のバランスが取れているとおもいます。

もりま
さすが「完全食」と呼ばれるだけありますね。

 

フェットチーネの栄養素

それでは、BASE PASTA(ベースパスタ)フェットチーネの栄養素について見ていきたいと思います。

 

フェットチーネに含まれるビタミンやミネラルはこんな感じです☟

BASE PASTA(ベースパスタ) フェットチーネ 栄養素グラフ

(上記は、厚生省の栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を1食分とした場合の数値です。)

 

フェットチーネもアジアンと同じく、ビタミンCやモリブデンが非常に多く含まれています。

 

その他の栄養素も全て推奨摂取量を超えているので、いい感じですね。

 

フェットチーネの3大栄養素は?

続いてBASE PASTA(ベースパスタ)フェットチーネに含まれる3大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)について見ていきます。

 

フェットチーネに含まれる3大栄養素はこんな感じでした☟

BASE PASTA(ベースパスタ) フェットチーネ 3大栄養素グラフ

(上記は、厚生省の栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を1食分とした場合の数値です。)

 

アジアンと同じく、タンパク質や食物繊維、良質な脂肪分(オメガ3系)が推奨量より多くなっています。

 

また、塩分、炭水化物、カロリーも低めになっています。

こちらのフェットチーネも全体的に見て、非常に栄養のバランスが取れていて、栄養面ではすごく良いですね。

 

もりま
これで美味しければ文句ないのに。笑

 

アジアンとフェットチーネの比較

アジアンとフェットチーネのどちらが栄養的に優れているのか気になっている方もいるかと思うので、2つをグラフで比較してみました。

 

ビタミンとミネラルの比較

アジアンとフェットチーネのビタミン・ミネラルの含量を比較したグラフがこちらです。

 

BASE PASTA(ベースパスタ) アジアン フェットチーネ 栄養素比較グラフ

(上記は、厚生省の栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を1食分とした場合の数値です。)

 

見た感じ、ほとんど変わりませんね。

 

ただ、どうやらアジアンはフェットチーネよりも「クロム」という栄養素を多く含んでいるようです。

クロムは糖質代謝やコレステロールの代謝に関わっている重要な栄養素です。その他の働きや欠乏症などについては、こちらをご参照ください。

 

また、反対にアジアンはフェットチーネよりもビタミンB12が少し少なくなっているようです。

 

3栄養素の比較

続いて、アジアンとフェットチーネの3大栄養素の比較をしたグラフがこちらです。

 

BASE PASTA(ベースパスタ) アジアン フェットチーネ 3大栄養素比較グラフ

(上記は、厚生省の栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を1食分とした場合の数値です。)

 

こちらは、ほぼ同じですね。

 

細かい違いはありますが、ほとんど変わらないので気にすることはないと思います。

 

特製ソースの栄養素は?

パスタはソースとともに食べるので、BASE PASTA(ベースパスタ)用の特製ソースの栄養素も調べてみました。

 

2つのソースの栄養素はこんな感じです☟

ボロネーゼソース
(1人前120g)

台湾まぜそばソース
(1人前30g)

エネルギー154kcal95kcal
タンパク質6.4g1.4g
脂質10.4g6.1g
炭水化物9.5g7.7g
‐糖質7.6g7.7g
‐食物繊維1.9g0g
食塩相当量2.3g3.4g

 

見た感じ、ボロネーゼソースの方が栄養素の点では勝っています

 

ボロネーゼソースはたんぱく質も多く、食物繊維も含まれているので、ソースを選ぶならボロネーゼソースの方が良さそうですね。

 

もりま
ボロネーゼソースをかけて食べたら美味しかったですし、特製ソースを購入するならボロネーゼソースがおすすめです。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)の総合評価は?

それでは、上記を踏まえてBASE PASTA(ベースパスタ)の総合評価をお伝えしたいと思います。

 

総合評価
[star39]
口コミ
栄養素
コスパ
安全性
ヴィーガンへの対応×

 

ベースパスタの個人的な総合評価はとして、[star39]としていますが、1番のマイナス理由はやはり味です。

 

ソースや慣れによって「おいしい!」と感じることができますが、初めて食べた時に「おいしい!」と言えなかったことが大きいですね。

 

また、パスタなので茹でる必要があったり、ソースを用意したりと、そこが少し手間に感じたのでマイナスとしています。

 

ただ一方で、栄養素はすごくバランスよく含まれており、1から自炊することに比べたら手間はそんなにかからない点はすごく評価できるポイントだと思います。

 

また、先ほどもお伝えしたように多くの人がおいしいと感じていますし、世間的には高評価なので「4」にすごく近い「3」としました。

 

(個人的には、手間もかからずアレンジの幅も広いBASE BREAD(ベースブレッド)の方がおすすめです。)

ベースブレッドの味、栄養素、コスパ、アレンジ方法を徹底解説 >>

 

ベースパスタはこんな人におすすめ!

ということで、私はこんな人にBASE PASTA(ベースパスタ)をおすすめします。

 

こんな方におすすめ

  • 健康のためなら味は気にしない
  • 自炊なしで栄養バランスの取れた食事をしたい
  • ご飯代を節約したい
  • 料理の腕に自信がある

 

 

上記のどれかに当てはまったら、BASE PASTA(ベースパスタ)は試す価値ありです!

\手軽に栄養バランスを整えられる/

ベースブレッドを購入

⇨ベースブレッドの公式HP

 

BASE PASTA(ベースパスタ)を買う方法は?

それでは、BASE PASTA(ベースパスタ)の購入方法についてお伝えします。

 

現在、BASE PASTA(ベースパスタ)を購入する方法は以下の2種類です。

  • BASE FOODの公式サイト
  • アマゾン

 

なので、今のところコンビニやスーパーではBASE PASTA(ベースパスタ)を購入できません。

 

そういったところでも購入できるとより便利だと思うので、はやくコンビニ等で購入できるようになってほしいですね。

 

おすすめの購入方法は?

BASE PASTA(ベースパスタ)を購入する方法は2種類ありますが、BASE FOODの公式サイトで購入することをおすすめします。

 

というのも、今なら初めて購入する方であれば『スタートセット』が20%OFFで購入できるのです。

 

なので、BASE PASTA(ベースパスタ)が気になる方は、初回限定20%OFF!完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセット

から試してみましょう。

 

もりま
私もこの『スタートセット』を試して、定期購入しています。

『スタートセット』の中身と値段

BASE FOOD(ベースフード)の『スタートセット』では、以下のものが含まれています。

 

スタートセットの中身

  • BASE BREAD(ベースブレッド)4食分(8個)
  • BASE PASTA(ベースパスタ)フェットチーネ2食分
  • BASE PASTA(ベースパスタ)アジアン2食分
  • パスタソース1つ
  • EXバージンオリーブオイル25ml
  • 社長のあいさつやパンフレット類

※現在のスタートセットと異なる可能性があります。

 

上記のモノが入って通常税込3,660円のところ、税込2996円3,028円(送料500円込)となっています。(気に入って継続した場合は2回目以降も10%OFFで購入可能です)

 

この値段であれば、試してみる価値ありですよ!

 

というのも、このスタートセット3000円ほどで8食分ついてくるので、1食当たり375円になります。

 

また、市販のソースを買ったとしても1食500円ほどに収まり、会社員平均昼食代570円より安く収まります。

 

  • 毎日料理するの面倒だけど健康を気にしている
  • 節約して手軽に栄養補給したい

といった方は、是非この機会に完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセットをお試しください!

 

継続解除を忘れずに

『スタートセット』を試して、もし味などが気に入らなかった場合は、継続解除をすると追加の費用は一切かかりません。

 

ただし次回配達日の6日前までに継続をストップする必要があるので、その点だけ注意しましょう。

 

継続解除の方法についてはこちらをご参照ください。

 


BASE PASTA(ベースパスタ)を美味しく食べる方法

それでは、最後にBASE PASTA(ベースパスタ)を美味しく食べる方法についていくつかご紹介しておきます。

 

栄養の面からするとすごく良いので、味さえ克服できれば最強の味方になること間違いなしだと思います。

 

方法①:特製ソースを使う

これは私も実際に試した方法で、上述しましたが、BASE FOOD(株)が出している特製ソースを使うとBASE PASTA(ベースパスタ)を美味しく食べれます

 

やはりBASE PASTA(ベースパスタ)に合うように作られているのでしょう。

 

栄養的にもボロネーゼソースが優れているので、特製ソースを使うときはボロネーゼソースをおすすめします。

 

方法②:食べて慣れる

そして2つ目の方法が、BASE PASTA(ベースパスタ)に慣れるです。

 

これも実は実体験なのですが、『スタートセット』についてきた4食分のBASE PASTA(ベースパスタ)を食べたら、ベースパスタの味に舌が慣れました。

 

なので、4回目に食べたときは初めて食べた時よりもおいしく食べられましたし、味に慣れることで美味しく食べられるようになります。

 

方法③:BASE FOOD(株)のレシピを参考にする

そして最後3つ目の方法がBASE FOOD(株)が公式HPで公開している「【保存版】BASE PASTAのおいしい食べかた」を参考にする方法です。

 

そこでは、「キノコのクリームパスタ」や「焼きそば」などなどBASE PASTA(ベースパスタ)を美味しく食べるために厳選されたレシピが掲載されています。

 

なので、BASE PASTA(ベースパスタ)を美味しく食べるためにぜひご活用ください。

 

まとめ:まずいと噂のBASE PASTA(ベースパスタ)を食べてみた

今回は2020年3月にリニューアルしたBASE PASTA(ベースパスタ)を実際に食べた感想をお伝えし、栄養素や美味しく食べる方法についても解説しました。

 

ココがポイント

  • ベースパスタは「おいしい!」とは言えない
  • ソースや慣れ次第でおいしくなる
  • 世間では好評
  • 栄養満点でコスパが良い

 

今回レビューした完全食『BASE PASTA(ベースパスタ)』は、「日ごろ忙しくて栄養バランスの取れた食事ができない」という方には、最適な食品となっています。

 

これで、手間をかけずにしっかりと栄養バランスの取れた食事が実現できます。

 

より手軽さがほしいという方は、BASE BREAD(ベースブレッド)を試してみるのも良いかもしれません。

 

いずれにせよ、どちらも入っている『スタートセット』で自分の口と生活スタイルに合うものを自分で試してみるのが良いかと思います。

 

毎日手軽に栄養バランスの取れた食事がしたい方は是非お試しください!



最後までご覧いただき有難うございました。

-健康
-, , ,

© 2021 Geeky Foody Powered by AFFINGER5